働きながら勉強する方法

キャリアアップのために資格を取得するというのはよくある話です。そのとき問題となるのは、普段忙しく働く中で、どのように時間を確保し、どのように勉強するかということです。そのためには、効果的な方法の事例を見てみると参考になります。

人それぞれに、自分に合った勉強スタイルを確立しているものです。例えば、通勤時間を活用することは多くの人が実践しています。スマホに音声データを入れておけば、電車の中で聴いて勉強することができます。満員電車でなければ、単語カードなども良いですね。大事なことは、その復習を必ず行うことです。記憶は、繰り返すことによって定着します。そのため、何時間も続けて取り組むよりも、短時間で何度も繰り返す方が効果的に覚えることができるのです。

また、歩きながら考えることは、実はかなり効果があります。通勤途中の歩く時間を利用して、頭の中で必要な勉強を繰り返し行っているという人は多いです。そして、もっと多くの人が実践している勉強方法は、自分のペースを上手く利用しているということです。眠気に襲われる時間帯に必死で暗記しようとしても、時間の無駄というわけです。そのような時間は別のことに優先して利用して、空いた時間を勉強に充てると効率が良くなります。
また、取得する資格の科目が複数ある場合には、その順序も工夫すると効率アップに役立ちます。加えて、基本問題を繰り返すよりも、応用問題に取り組みながら基礎も学ぶという方法は、多くの人が実践しています。このような効率化は仕事にも通じるものがあるので、上手く活用したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です