効率的に勉強するコツ

疲れた状態で勉強することほど、非効率的なことはありません。資格取得を目指すのであれば、目標はもちろん合格することでしょう。そのためには、効率的な計画を立てることが大切です。

まず前提として、疲れた状態で教科書と格闘していても覚えにくいということを認識しておくことが大切です。次に、1番頭が冴えている時間帯を探し出す必要があります。人により、朝の時間帯が冴えている時間帯かもしれませんし、仕事が終わった直後の方が頭が冴えているという方もいるでしょう。

朝方が合っているのであれば、早寝早起きをすることで朝の時間を作り出すことができます。普段、朝起きてから出勤準備や食事の準備をする人であれば、前日の夜に行える朝の準備を全て済ませておくことで時間を作り出すことが可能です。睡眠時間の確保も重要なことなので、1時間早く就寝し、1時間早く起床することを習慣化すれば、朝の勉強時間を確保することができます。朝は静かで集中しやすい環境なので、勉強にお勧めの時間と言えます。そして、夜に学んだ点を復習することで忘れにくくすることができます。

朝よりも仕事終わりが冴えている方であれば、図書館の自習室を活用することをお勧めします。周りの人が集中している環境に身をおくことで、自分自身も集中して学ぶことができるからです。ただし、図書館は19時から20時までに閉まってしまうことが多く、退勤時間によっては利用できない可能性もあります。
ポイントは、疲れたときは無理して勉強をしないことです。集中できないときは暗記用の単語カードの作成や、その他の雑務を進めておきましょう。しっかりと休んで、リフレッシュしてから勉強することが大切なのです。
その他の勉強のコツについては、【就職に繋がる資格を取ろう】に記事が載っているので、参考にすると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です